新着情報詳細

ノーベル経済学賞 2020 予想

2020.12.24

生物学者・福岡伸一がノーベル賞を予想! 日本人候補者はやはり「京大強し」? 連載「福岡伸一の新・生命探検」 ツイート. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/04 08:55 UTC 版) 候補者の予想. スウェーデン王立科学アカデミーは12日に2020年のノーベル経済学賞を発表する。日本経済新聞が国内外で活躍する経済学者にアン …続き. 2氏はオークション理論を発展させただけでなく、周波数オークションで用いられる「同時複数ラウンドオークション(SMRA)」を開発。SMRAは不確定性と勝者の呪いの問題を低減することが可能であり、米連邦通信委員会(FCC)が1994年に初めて使用して以降、多くの国で使われるようになっている。これにより、2氏は理論と実践の両面で社会に大きな利益をもたらした。 坂井豊貴教授に聞く「見えざる手はあてにせず、見える手を作る」 第4回. 物理学賞 日時:10月6日(火)18:45 場所:スウェーデン王立科学アカデミー. Comments owned by the poster. 2020年ノーベル賞発表日程(日本時間) 生理学・医学賞 日時:10月5日(月)18:30 場所:カロリンスカ研究所. そのため、経済学賞に限っては正式にはノーベル賞ではなく、アルフレッド・ノーベル記念スウェーデン国立銀行経済学賞という別の賞という扱いになっています. 本日12月10日、ノーベル賞授賞式が開催されます。2020年の経済学賞は、米国スタンフォード大学のポール・ミルグロムとロバート・ウィルソンの両氏に贈られます。慶應義塾大学教授・坂井豊貴氏は、今回も含めて何度も受賞者の予想を的中させて世間を驚かせました。 2020年のノーベル経済学賞は米国のポール・r・ミルグロム氏とロバート・b・ウィルソン氏が共同受賞した。 授賞理由はオークション理論の改良と新しいオークション形式の発明(プレスリリース、 一般向け情報、 詳細情報)。オークション対象財の価値には共通価値と私的価値がある。 ブログを報告する, Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2015年 2/24号 [ピケティ狂…. 2019年のノーベル経済学賞、世界的な貧困を軽減するための実験的手法を開発した米国の3氏が受賞, 2018年のノーベル経済学賞は長期マクロ経済モデルに気候変動や技術革新を統合した米国の2氏が受賞, 2017年のノーベル経済学賞は行動経済学に貢献したRichard H. Thaler氏が受賞, http://agora-web.jp/archives/2048500.html. シェア . ノーベル経済学賞、シャプレー教授が発見した驚きのアルゴリズム; 第3回. 突然ですが、みなさんノーベル賞とりたいですよね!私はとりたいです。今回はノーベル生理学・医学賞を受賞するための戦略を考えていきたいと思います。この記事を読めば授賞式の舞台、カロリンスカ研究所はもうすぐそこです! (追記)2020年のノーベル賞はc型肝炎ウイルスの発見に決定! ノーベル賞2020日本人候補予想。今年はこの人達があつい! 更新日: 2020年9月27日. 保存 共有 印刷 その他. nhkのノーベル賞2020特設サイト。各賞受賞者の発表は10月5日(月)〜12日(月)に行われます。こちらの特設サイトで連日速報しています。 | 2020年のノーベル経済学賞は米国のポール・R・ミルグロム氏とロバート・B・ウィルソン氏が共同受賞した。授賞理由はオークション理論の改良と新しいオークション形式の発明(プレスリリース、 一般向け情報、 詳細情報)。 中村東大名誉教授ら候補に 米社、ノーベル賞予想 科学&新技術 社会・くらし 2020/9/23 20:39. 入札者ごとに異なる私的価値は、落札した原材料をどのように加工するか、落札した商品をどのように販売するか、といった手段を入札者が持っているかどうかにも左右される。そのため、多くのオークション対象財は共通価値と私的価値の両方を持つことになる。ミルグロム氏はオークション理論を共通価値だけでなく私的価値を含めることができるよう一般化。他の入札者が予想する共通価値を知ることができるイングリッシュオークション形式では勝者の呪いの影響が小さくなり、出品者がより多くの収益を得られることを示した。 今年のノーベル経済学賞は、日本の社会にとって実にタイムリーな内容になった。 スウェーデン王立科学アカデミーは10月12日、米スタンフォード大学のポール・ミルグロム教授とロバート・ウィルソン名誉教授に2020年ノーベル経済学賞を授与すると発表した。 sponsored link. なお、今年のノーベル賞は受賞者が一堂に会する授賞式を行わず、受賞者がビデオリンクで参加するデジタル形式の授賞式が行われる。詳細については後日発表するとのことだ。, ただし財団が「認めてない」以外どう違うかは微妙なところ。世界的にノーベル賞級の権威ある賞であることも間違いなし。, 「ノーベル経済学賞」は通称として広く用いられているが、ノーベル財団は、同賞は「ノーベル賞ではない」として後述の正式名称(Sveriges riksbanks pris i ekonomisk vetenskap till Alfred Nobels minne、「アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞」)を用いるか、単に「経済学賞」(典: ekonomipris、英: Prize in Economic Sciences)と呼ぶ。スウェーデン王立科学アカデミーにより選考され、ノーベル財団によって認定される。授賞式・その他一般はノーベル賞と同じように行われている。, 権威を保障するのがノーベル財団なら誰の財布から誰が手渡しするかなんて大した差ではないように思うけど。, 反電波オークション主義だから、何か訳の分からん報道になっているらしい。http://agora-web.jp/archives/2048500.html [agora-web.jp], TV放送局に出資しているからだろうか、記事内に「電波」「テレビ」が入ってなかったりする。, ホーキングが生きていたら今年の物理学賞を受賞した可能性が高そうですが、周波数オークションで名を馳せて日本でも「市場を創る」で有名なマクミランも、生きていたら受賞していたんでしょうかね, >社会に大きな利益をもたらした何をもって社会に対する利益なんだろうか難しいね。影響するノードはどのレベルまで考慮して追いかけるのかな, > 他の入札者が予想する共通価値を知ることができるイングリッシュオークション形式では勝者の呪いの影響が小さくなり、出品者がより多くの収益を得られることを示した。, > 周波数オークションで用いられる「同時複数ラウンドオークション(SMRA)」を開発。, と、より多くの金が動く仕組みを考案これは実際に(落札した企業が破産するぐらいに)大きな金を動かすことに成功し、ゲーム理論が実世界に大きな影響を及ぼした代表例となっていますそれが国家、社会にとって数十年先まで見通したときに良い結果、影響になっているかは判断できかねますが、経済的には大きな利益になっていますね, 「金持ちそそのかして莫大な借金を負わせ、家屋敷もすべて手放させることに成功」を称賛してるみたいだな, 株主の仕事とは、リスクを引き受けることですから。かつて昔は「株をやっている」などと会社に知られると、ギャンブル狂いだと思われて、出世に響いたものだっけ。, 勝者の呪いが困るのは経済合理性に反する結果になるからですね電波オークションをやれば価値に見合った値段をつけた勝者が継続的に事業を進めて公共の利益に繋がる勝者の呪いでオークション費用の負担に耐えかねて勝者が早々に事業撤退してしまったのでは電波を売ったほうも困るなぜそんな結果になるかというと、そもそもオークションに勝たないと事業を始めることが出来ないので、ライバルに勝つには何が何でも落札しようという経済合理性を追求した末に合理性を無視した心理になるから, いったいどういう方法なのか興味深いのだけれどどなたか「同時複数ラウンドオークション(SMRA)」について説明されているサイトを御存知?, そのものズバリなサイトがないので、ざっとした説明・「同時」と「複数ラウンド」の組み合わせ・「同時」とは、複数の品(電波オークションなら周波数帯/免許)を同時に競り合うこと メリットは買い手のリスクを減らしたり(詳細 [slideshare.net])・「複数ラウンド」とは、ラウンド毎に暫定勝者を決めて、次のラウンドで更に高値をつけたらラウンド続行、つかない場合は勝者確定する方式 高値になるけど、買い手側もちゃんと考える時間ができていくらか安心, これによって、・買い手側はどの品を落とすかなど情報(それぞれのメリット・デメリットなど)を元に決定でき、リスクを減らせる・情報が公開され透明性が高い・買い手側同士の競争ももちろんあるため、高値が期待できると、ある程度冷静な結果に落ち着く方式に思えます# が、まぁ高騰したり破産したり色々問題もあったみたいですね# 日本における周波数オークションの導入可能性 [u-tokyo.ac.jp](海外の事例の説明があって面白いです), https://www.cambridge.org/core/books/market-design/simultaneous-multir... [cambridge.org], 値段の公表はイングリッシュオークションと同じだけど、ポイントは複数の品を同時に競りにかけること。, 電波の例で考えると分かりやすいけど、参加者は一番安いやつに値段をかぶせようとする。そして、すべて売れるまで競りが終わらないから、暫定で確保していてもあまり意味がない。結果として限界まで金を吐き出す。, ・同時:電波の免許は地域や周波数ごとに別々だけど、普通のオークションみたいに1つずつ出てくるんじゃなくて同時に全部組み合わせでやるよ(間違えてド田舎の電波を1つだけ落札してしまって途方にくれることはないよ), あなたの「組み合わせ」の解釈が間違ってるだけだよ。組み合わせるのは同時に出品される複数の商品ではなく、同時に並列で行われる複数の競り。, 文系様の考えてる事なんも分からんまだ経済についてゴチャゴチャ考える事あるの?「価格は需要と供給で決まる」こんなシンプルなアイデアじゃまだ不満なの?, 教科書を読めばわかりますが、オークション理論はバリバリの応用数学ですよ「価格は需要と供給で決まる」は物理で言うと「物は上から下に落ちる」レベルの話です, オークション理論に限らず経済学には数学の知識が必要なんですが、日本の大学では経済学部が文系に分類されているせいで数学な得意な学生はみんな理系学部にとられていると経済学部の先生が嘆いていたそうな。, 故に数学のほぼ不要なマルクス経済学が、日本の経済学界では自由主義圏で例外的に大きなシェアを維持した、と私は思っている。挙句に一応数学の皮を被った、数理マルクス経済学とか云うのが日本で勃興したそうな。, 価格を上げるには(=需要を上げるには)どうしたらいいかという観点が抜けてる。単純に供給を絞るだけだと全体利益が減ったりするんだよ。, より多くのコメントがこの議論にあるかもしれませんが、JavaScriptが有効ではない環境を使用している場合、クラシックなコメントシステム(D1)に設定を変更する必要があります。, この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 2017年以降、クラリベイト・アナリテイクスは、同社が運営する代表的なサイテーションインデックス(学術文献引用データベース)のWeb of Scienceの情報に基づいて、ノーベル賞の有力候補者の予想と … 今夜発表の受賞者を予想してみた ノーベル賞の栄えあるメダル。 世界最大の翻訳祭り いよいよ10月8日(木)の今夜、日本時間の午後8 新たにコメントを付けることはできません。. スタンフォード大学から2020年秋に東京大学へ移籍した小島武仁氏(左)と、カリフォルニア大学バークレー校の鎌田雄一郎氏. 山本 舞衣:週刊東洋経済編集部 2020/11/11. なお、2020年までの経済学賞を受賞した日本人はいません. 以下、経済学賞の候補者です 選挙制度改革に使いたい最新理論 数学で政治を解明? 第5回. ノーベル賞 ( ノーベルしょう ) は、ダイナマイトの発明者として知られるアルフレッド・ノーベルの遺言に従って1901年から始まった世界的な賞である 。 物理学、化学、生理学・医学、文学、平和および経済学の「5分野+1分野」で顕著な功績を残した人物に贈られる。 オークション対象財の価値には共通価値と私的価値がある。共通価値は事前に知ることはできないが、最終的には誰にでも同じ価値を示すもので、入札者はそれぞれの情報を元に共通価値を予測して入札する。しかし、落札額が実際の共通価値を上回る場合、落札者が損をする「勝者の呪い」が待っている。ウィルソン氏は共通価値を持つ財を対象にしたオークション理論を開発し、合理的な入札者が予想している共通価値よりも低い額で入札するのは勝者の呪いを恐れるためであることを示した。 最近、ニコ動のノーベル経済学賞予想がなくなってしまって、真面目なトトカルチョをしなくなったのであれだが、fbで聞かれたのでちょっと考えて見た。 が、どうだろう。まずノーベル賞そのものは、科学系以外のものはどんどんおかしくなってきていると思う。 最近、ニコ動のノーベル経済学賞予想がなくなってしまって、真面目なトトカルチョをしなくなったのであれだが、FBで聞かれたのでちょっと考えて見た。, が、どうだろう。まずノーベル賞そのものは、科学系以外のものはどんどんおかしくなってきていると思う。ノーベル平和賞を何もしてないオバマにやるとか、あまりにひどかったし、文学賞のボブ・ディランだの一回休みだの、ありゃなんですか。次におかしくなるのは、絶対経済学賞だと思うんだ。, だから平和賞をWFPにやったりしたみたいに、世界銀行に! とかIMFに! とか言い出したらいやだなー、とは思っている。が、そこはスウェーデン中央銀行が選んでるはずなので、そこまでバカなことはするまい、と信じている面もある。, で、去年のデュフロ&バナジーで、「そろそろ歳寄りの在庫処理で受賞者決めるのやめるからねー」というメッセージが出たと思う。その一方で、まあ歳寄り全部ハブるのもどうよ、という配慮もあるはず。するとどんなあたりだろうか。, 上の方は死んだ、ローマーは取った、ノードハウス取った、ワイツマン死んだ。環境やゲーム理論や契約理論とか、ぼくの知らないあたりはしばらく前に終わってる。すると、マジで生産性のジョルゲンスン/ゴードン、新ケインズ派に花を持たせる感じでブランシャール/サマーズ/フィッシャー、金融組でバーナンキやテイラーあたりがくるんじゃないかなー。あと、アン・クルーガーとかあってもいい。ジャネット・イェレンも忘れてたか。, 分野で言うと、そろそろ経済地理とか地域経済学みたいなのが来てもいいと思う。クルーグマンが取ったからないんじゃないか、みたいな説もあったけれど、もう少し明示的に持ち上げていいはず。藤田昌久とかベナブルスとか……どうかなあ。単独では弱いかなあ。でも、こういう方面がそろそろ光あたってもいいんじゃないか。都市研究でも、いきなりマイケル・バティとかきたらひっくり返るが、まあそれはないか。, 歳寄りの在庫処理はやめる、という観点からすると、2020年代のどこかでピケティはくるでしょう。新新貿易理論のメリッツは、もらえないわけがないと、自分も他人も思っているでしょう。アセモグルは、もらえないはずがない。ヤバイ経済学のレヴィットも、もう少しで当確ライン……いや色ものすぎるかもしれない。あとはだれだろうか。統計分析を発展させたとかで、Rやgretlの開発チームがもらったりしないかな。まあそういうほうには行かないか。少なくともこの人たちは、若手は去年やったからということで、今年はないと思う。選定委員会がよほど強い若手重視メッセージを出したいのでない限り。, もう一つ、分野とかちょっといろんなバランス配慮から言うと、そろそろ中国系の経済学者はだれか取っておかしくないはず。が、あんまり知らないので、誰というのがなかなか……, 誰かがデヴィッド・カードと言っていて、うーん。労働系かあ。するとゴールディンとかカッツとかも入ってくる? うーん。こういう労働系って地域性が出すぎてつらいと思うんだよなー。デヴィッド・オーター……うーん。ノーベル賞あげたい感じではないなあ。, また、いつかビッグデータっぽい話も含める形でハリ・ヴァリアンとかも考えないと。機械/AIと経済みたいなあたりで、さすがにぶにょぶにょそんはないだろうけど、2030年代にはだれかくるなあ。アントン・コリネックとか、うまーく立ち回れば何かのまちがいで井上智洋……(もう三段くらいいまの考察を深めれば、まったくあり得ないわけではないと思わなくもない日もないわけではないくらいの感じだけど)。でもこないだ見た「AIと経済」みたいな論文集がクズのかたまりだったので、ホントなにかうまく展開できれば、いろいろあると思うのだ。, あと、神経経済学とかピコ経済学とか、経済行動の脳活動的な基盤を探るような話も、どっかで何かしら誉めておいてあげないと。エインズリーとか、脳の報酬系を調べてるような人、さらに文化的な価値観の差みたいなのをつついている人。こういうのはもうちょっとメジャーになるべきだと思うし、なんかブレークスルーが出てくればすぐ取れるんじゃないか。が、具体的に思いつかない。これを含め大きめの体系化みたいなことを考えてるらしき、ボウルズとかギンタスとか、もっとほめてあげたい感じだけど、ノーベル賞ほどではないかなあ。, てな感じ。(と書いたところで、そういやジョルゲンスン生きてたっけ、とあわててチェックしたら存命中。でも90近いのか……) さて当たりますかどうか。結果は月曜日、10/12に!, あと、ぼくほど軽薄ではない予測として田中秀臣のものも、いまだに有益。そうですねえ、ディキシットとか忘れてたなあ。バロー……そうだなあ。そうすると、サラ・イ・マーチンなんてのも視野に入ってくるとか? どうでしょう。, 日経がノーベル賞予想を日本の経済学者にきいて、なんか実証的な話になるんじゃないかみたいなことを言っている。, 今後の経済学が、実証っぽいほうに移行するだろう、でかいモデル構築みたいな話はもうおしまいだろう、というネタは以前はクルーグマンも言っていたし、まあその通りなんだろうとは思う。たぶん、日経の質問に答えた人々は専門の経済学者だから、そういう流行に乗っかって返事をしたんだろうし、たぶんそういう考え方もある。, ただその一方で、素人的には必ずしもおもしろい方向性ではない。この日経の記事に上がっているような研究者でも、巧妙に自然実験的な状況をみつけておもしろい知見を出しましたとか、国勢調査の個票分析しましたとか、重要な話ではあるんだけれど、器用で目の付け所は巧みというレベルであって、限られた世界の限られた知見に空いていた穴を埋めましたというものにとどまる印象がある。『エコノミスト』の最近の経済学の話題、みたいな記事で十分。トンチ一つでは一休さんにはなれないのよー、というところ。, たとえば、ロバート・ソローでもドーンブッシュでも、ジョージ・アカロフでもジャネット・イェレンでも、いま60歳以上の人々は、その個別分野を超えて経済全体についての何らかの知見を持っているだろう、という感じはする。もっと若手でも、上で挙げたバナジー&デュフロでもそれはある。ピケティたちも。少なくとも世界の状況について何か考えてるな、という気はする。でも、こう言うと悪いけどゲーム理論系の人々の半分くらいとか、細かい実証系の人々とか、あまりそういうでかい視点を持っていなさそう。特定の分野、たとえばアメリカの最低賃金、統計分析技法、あるいは最近のベイツ=クラーク賞の人だと、ちょっとしたインフラが貿易に与えた影響の調査とか、確かにパズル的にはおもしろいんだけれど、この人にたとえばCEAの議長やらせて安心だろうか、とかIMFでも世銀でも主任エコノミストやらせて大丈夫か、とか考えると……不安、というより無理だろう、という感じの人が多い。, 自分の狭い専門領域を出た瞬間、まったくとんちんかんな素人以下のことをZ省に操られてペラペラ口走る人が日本では結構いた/いるけれど、それと同じ。経済学者だからって、経済のことがわかるとはまったく信じてはいけない人々が増えている。ぼくは、スウェーデン中央銀行の知見をある程度は信じているので、実証方面の重要性と同時に、それを捕らえる理論的なフレームまで含めた何か、あるいはその実証そのものが理論的な枠組みまで変えるようなものがある学者が重視されるとは思う。バナジー&デュフロはまさにそうだ。ピケティは格差データの収集でまさにそれをやったから、絶対来る。でも日経の候補で挙がっている人たちは、なんかそういう方面は薄い印象がある。ラジ・チェティとか、おもしろいんだけどねー。, じゃあそういうのでだれがいるの、と言われると、田中秀臣がどこかのツイートで指摘していたように、ぼくもちゃんと押さえていないよなー。エレーヌ・レイとか? ちょっといまからネタを仕込まないと。でも、なんだかんだ言いつつ、それはぼくの怠慢という以前に、全体にみんな小粒な印象はあるのだ。, という点で、明日はぼくはそんなに実証系がくるような気はしないんだが、どうだろうねー。後出しジャンケンになるとずるいので、この件はこれで加筆終わり。もういじりません。, 書かないといったが、一つだけ。頼むから今年、大番狂わせのピケティってのはやめてくれー。『イデオロギーと資本』急がされたら死ぬー。来年なら余裕ですから。, 結果はミルグロムとウィルソンかー。あまり知らない分野なので挙げなかったけれど、ぼくでも名前くらいは知ってるし、まあ順当なところですな。田中予想にも日経予想にも入っていたし。でもウィルソンあまり知らないや。, wlj-Fridayさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 前編/2020年ノーベル経済学賞受賞者のここがすごい . Trademarks property of their respective owners.



アクリル プラスチック 違い, 服 ネット 店 どっち, スマホ 画面 色 暗い, コーナン 開封後 返品, コナン 鍵泥のメソッド 声優, Word 40字×30行 Mac, D払い ポイント利用 設定, スキマスイッチ ドラえもん 歌詞, オメガバース 漫画 ランキング, 残クレ ダイハツ デメリット, フリーター 国民健康保険 払えない,

ご相談、お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせ下さい

トップページへ

お電話からお問い合わせ

0771-82-0418

メールでお問い合わせ

フォームはこちら